外国人材雇用のコツ~採用から業務開始までの道〜

チョー

こんにちは、こちらの記事では海外人材の今について書いています。

是非、気になる方は一読お願いします!

人手不足の解消策として、外国人採用の活動が注目されています。

外国人人材を採用する際は、外国人特有の手続きや言葉や異文化に合わせたコミュケーションの方法、また外国人が日本で生活や労働環境に慣れるための支援が必要です。
今回は、外国人人材雇用において注意したい点を踏まえて、採用の成功に繋がるコツについて説明していきましょう。


外国人人材採用のコツ① 良い支援機関の選択

外国人の求職者を探す手段として、求人WEBサイトやハローワーク、HPやSNSなどで求人募集を行う方法があります。

また、外国人人材採用に慣れていないコツがわからない場合には、外部委託で、外国人人材を採用から業務開始までサポートしてくる支援機関を選ぶこともできます。

外部の支援機関にサポートを依頼する際には、法令許可を受けた機関であることと、どこまでの業務範囲を依頼できるのか確認し、今までの経験や実績を参考に検討することが必要です。

外国人本人と受け入れ企業が直接交渉できない場合は、その仲介となる支援機関の役割は採用活動の要となるため、適性な支援機関を選択することが重要です。

外国人人材採用のコツ② 在留資格の確認

外国人を日本の企業で雇用する場合には、就労できる在留資格を持った外国人であることが条件となります。

日本の在留資格の中には就労できない在留資格もあるため、前もって就労できる在留資格の活動内容について知っておくことが必要となります。
現在、外国人人材採用で主流となっているのは、就労できる在留資格「技能実習」と「特定技能」です。

この2つの在留資格については、要件がそろぞれ異なりますので受け入れ企業が求める業種と作業内容、在留期間や必要なスキルなどについて確認することが必要です。

また、採用が決まって入社し業務開始後も、在留資格の更新や在留資格の内容と外国人が所持している在留カードについても随時、確認して行くことが必要です。

外国人人材採用のコツ③ 日本語能力の確認

外国人の日本能力のスキルについては、面接時に会話のやりとりで日本語の使い方につい確認すると良いでしょう。

在留資格の要件には日本語能力試験の合格が必要となっていますが、試験の方法が筆記試験であるため筆記力以外の会話力については、面接時の受け答えが参考になります。

また、日本語能力を超えたコミュニケーション能力に長けている外国人もいるため、面接のポイントとして、多角的な視点で判断することも必要となります。

また、業務内容によっては専門的な日本語用語が必要な場合には、対応できるスキルがあるか確認しましょう。

外国人人材採用のコツ④ 受け入れ体制

外国人が日本の慣れない環境でモチベーションを維持しながら働くことができるためには、労働環境以外に生活面でのサポートも必要となります。

住居環境や日本で暮らすためのノウハウ、健康管理や悩み事相談など、労働環境に負の影響が起きないような暮らしやすい環境を提案してあげる必要があります。

また、習慣や文化の違いから起こるトラブルには、柔軟性を持った対応が理想的で日本人と外国人がお互いの習慣を尊重し合えるような体制づくりが大切です。

外国人人材採用のコツ⑤ 業務開始後のフォロー

外国人人材を短期雇用ではなく、なるべく長く雇用関係を築けるためにも、業務開始後も様々な面からフォローアップ体制を整えることが必要です。

外国人人材とより良い雇用関係の持続できれば、継続して外国人人材を海外から採用できるためのシステムが成り立ち、人手不足の解消に繋がる対策となります。

外国人が業務を始めた頃はまだ緊張感や好奇心が保たれていますが、時間の経過と共に慣れてくることで様々な心の変化が生じるはずです。

継続したフォローアップ体制は、外国人人材のモチベーションを持続させるためにも必要なサポートとなります。

外国人採用のコツ⑥ 日本人の価値観の見直し

外国人人材採用の際は、外国人の習慣や文化を事前に知っておくことは必要です。

また同時に、外国人を受け入れる側の日本人社員や管理者は、日本の習慣や文化、日本人の価値観について見直す必要があります。

相手を知る前に自分を知ることはコミュケーション手法でとても大切な基本となります。

外国人社員と日本人社員が双方の習慣や文化を知ることから、自分の国について改めて意識することは価値観を見直すためにとても重要なことです。

日本人の価値観が外国人社員にどのように反映するのか?もう一度考え直す必要があるでしょう。

まとめ
外国人人材採用ついての留意点を説明いたしました。

外国人人材雇用におけるコツを踏まえて、入管法にそった手続きと外国人の心の健康のための支援を行い、よりよい雇用関係を築けるように進めて行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。