外国人労働者に対する労働環境の改善について

チョー

こんにちは、こちらの記事では海外人材の今について書いています。

是非、気になる方は一読お願いします!

外国人と日本人が同じ職場で働くための環境整備や改善策が、以下の内容で提示されています。

外国人労働者を雇用する事業社においては、これらの項目について把握し、さらに自社での職場環境と労働条件の見直し等が必要となります。


外国人労働者を受け入れるための体制

厚生労働省が促進する「外国人材が活躍できる環境の整備 」については以下の内容となっています。

事業主が行うべきこと

〇外国人労働者の募集および採用の適正化
〇適正な労働条件の確保〇安全衛生の確保
〇雇用保険・労災保険・健康保険・厚生年金保険の適用
〇適切な人事管理、教育訓練、福利厚生など
〇解雇の防止と再就職サポート
以上に加えて、さらに長時間労働の是正、求人情報等の適正化 、在留資格の見直し、技能実習制度の見直し 等が検討されています。

外国人との共生のための日本政府の対応策

外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策には、以下の内容となっています。

〇外国人と日本人が共存する社会の仕組みづくり

〇多文化共生社会に対する啓発活動

〇コミュニケーション能力
・日本語能力
・行政・生活情報の多言語化、相談体制の整備

〇暮らしやすい地域社会づくり
・地域における多文化共生のためのサポート
・医療・保健・福祉サービスの提供
・公営住宅 民間賃貸住宅等への入居サポート
・防災対策等の充実
・防犯・交通安全対策の充実

〇教育サポート
・外国人児童生徒の教育
・就学サポート

〇労働環境の改善、社会保険の加入促進等

〇外国人材の受入れ制度・特定技能の促進
・登録支援機関が行う支援の充実
・悪質な仲介事業者等の排除
・受け入れ制度の試験整備
・送り出し機関の適正な試験の実施
・外国人の学習サポート

〇在外公館等を通じた特定技能の情報拡散

〇海外における日本語教育の充実

〇在留資格の管理体制の強化
・在留資格の手続きのオンライン化
・外国人の在留と雇用状況の正確な把握
・不法滞在者などへの対策強化

外国人労働者にも適用の働き方改革について
働きやすい環境づくりのため働き方改革は、外国人労働者に対しても適用されます。

〇長時間労働の見直し
・労働基準法、労働安全衛生法に基づく適正な労働時間
・勤務間インターバル制度の普及と促進
・外国人労働者が健康で快適な作業環境で働けるための産業医・産業保健機能の強化

〇適正な待遇を得るための規定の整備
・外国人労働者に対する待遇についての説明義務の強化
・行政による履行確保措置と裁判外紛争解決手続(行政ADR)の整備

技能実習制度の適正化

技能実習制度に関しては、見直しが必要となっています。
〇技能実習に関し基本方針を策定
〇技能実習計画の作成の認定制の実施
〇受け入れ企業の届出制の実施
〇監理団体の許可制の実施
〇外国人技能実習生に対する人権侵害行為等への罰則
〇地域協議会の設置
〇外国人技能実習機構の許可と任務、実習生の支援
〇優良な実習実施者・監理団体の許可制

外国人雇用における対応策

上記、日本政府が提示する外国人労働者に対する労働環境の整備を踏まえて、外国人を受け入れる企業においては、法令に基づいた労働条件による雇用契約が必要となります。

また、雇用後の労働環境については、同じ職場で働く日本人社員と雇用管理者と外国人社員は常にコミュケーションが円滑に進められるような体制を共に創っていくことが求められます。

言語の対応策

・面接の際には、実際に話してみて日本語会話力のスキルを確認する
・共通語として英語力の習得を検討する
・日本語教室やWEB日本語学習など教育支援を行う
・日本人社員と外国人社員の交流を育む場をつくる
・日本人社員が外国人の母国語を習得する

生活面のサポート

・日本人の求める快適さではなく外国人本人が求める快適さを理解する
・日常生活に必要な衣食住に関する情報を知らせる
・健康や災害、事故など緊急事態に対応できることを前もって外国人と共有しておく
・外国人の家族状況について日頃から知っておく

価値観の見直し

・日本人と外国人が持つ価値観は、違って当たり前ということを前提の上で考える
・日本人と外国人がお互いに意識変革できなくても、違うということを理解する
・価値観のズレを多角的な視点に置き換えて考える
・会社の価値観というよりも、個人個人の価値観を尊重する職場
・すぐに価値観の違いを直してもらうことは難しいため、繰り返し長い目で対応する

まとめ

外国人労働者に対する労働環境の改善と対策等について説明いたしました。

言語も習慣も違う者どおしが同じ職場で働くためには、一定の理念が必要とされますが、ここには、日本人の価値観に偏ったものではなく視野の広い共通の概念があることが求められています。

大切なのは、日本人の働く場所に合わせる外国人労働者ではなく、外国人労働者も働くことができる日本の職場であることが、重要となっていくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。