外国人労働者問題の事例から対応策と罰則について考える

チョー

こんにちは、こちらの記事では海外人材の今について書いています。

是非、気になる方は一読お願いします!

外国人雇用が活発化する一方、様々な問題も発生しています。ここには外国人労働者が日本で働くための志しが薄いことや異文化に順応できていないことなどが影響し、違法行為となるケースがあります。

日本と海外の社会の仕組みやルールが異なることは当然としてあるわけですが、外国人は日本で働くことを決めた時点で日本社会の厳しさや法制度について理解しようとする意識が必要となり、受け入れ側は外国人に対して支援する体制が重要となります。

今回は外国人労働者問題に対する対応策とその罰則について説明いたします。


不法な雇用条件と労働環境である場合

外国人雇用の問題として、労働時間、安全基準、賃金、就業規則などの違反行為により、労働基準法に反した事例があります。

厚生労働省によりますと、労働基準監督署の調査で労働基準関連法令に違反していた企業は約70%、深刻な問題となっています。

外国人労働者の不利な点は、日本語能力や日本社会への理解不足から、違反に対する抗議がしにくい状況である場合が多く、雇用先の違反行為が明らかに公表されるまでは、泣き寝入りまたは失踪へと繋がる要因となっています。

対応策

外国労働者を雇用する企業等は、外国人に対して労働基準法の規定を母国語でわかりやすく解説しておく必要があります。

また、外国人の中には違反行為に対してあまり深刻に受け止めていない場合もあるため、雇用側と外国人が同じ認識を持てるような指導が必要です。

罰則

・1年以上10年以下の懲役または20万以上300万円以下の罰金(強制労働・第5条)
・1年以下の懲役または50万円以下の罰金
(労働者からの中間搾取・第6条)
(最低年齢未満の児童労働・第56条第1項)
(坑内労働の禁止・制限違反・第63条、第64条の2)
・6か月以下の懲役または30万円以下の罰金
(国籍、社会的身分などによる労働者差別・第3条)
(男女労働者差別・第4条)
(強制解雇・第19条)
(時間外労働、36協定違反・第32条、第36条第6項)
(割増賃金の不払い・第37条)
・30万円以下の罰金
(労働条件を明示・第15条第1項)
(休業手当の不支給・第26条)
(就業規則の違反・第89条)
(給料の減給・第91条)
…など。

音信不通、連絡が取れなくなってしまう場合

外国人技能実習生の失踪増加に伴い、失踪者を出さないための対策が強化されています。

その失踪理由がいかなる場合でも、突然音信不通になってしまうことは、適性な雇用関係を崩してしまう要因となり、外国人本人と受け入れ側の企業、また支援団体に対しては、一定の罰則が科せられることになります。

対応策

もし外国人労働者と連絡が取れなくなってしまった場合には、受け入れ企業は支援団体への報告と警察へ捜索願いを提出し、失踪した外国人労働者に対しての給与支払い方法や退職手続き等について規定に従うことが必要です。

罰則

以下の内容を重んじて、外国人雇用活動では十分な準備と制度理解が必要です。
・外国人労働者受け入れ停止
・技能実習の場合、監理団体の優良認定要件の減点
・3年以下の懲役若しくは禁錮若しくは300万円以下の罰金に処し、又はその懲役若しくは禁錮及び罰金を科する。
・外国人本人の強制退去命令
・外国人の在留資格の取り消し

言葉が通じない、異文化によるズレが生じる場合

外国人労働者の日本語能力のスキルは、採用時にしっかりと担当者が見極めておく必要があります。

実際に業務スタートしてから日本語能力不足で思い通りにコミュニケーションができないという事例があります。

日本語が通じない理由には、言語能力に加えて異文化による違いがさらにコミュケーションをしずらくしていることがあります。

いくら日本語能力に長けていても日本の習慣に順応できない場合には、仕事のはかどり方にも影響してきます。

対応策

外国人採用面接では、日本語能力の合格レベルと、実際に会話した際の受け答え方やその人なりの特徴などをしっかり見極めておくことが必要です。

また、外国人労働者へ日本文化への理解を求めると同時に、受け入れ側の日本人社員と管理者は、自国の文化や習慣が外国人にとってどのような影響を及ぼすのか?

日本人が日本の価値観について見直すことが重要となります。

地域コミュニティに合わせられない場合

外国人が日本の習慣に対応できるように生活オリエンテーションの実施が行われいます。

中でも、外国人には特に難しいと言われているゴミ出しルール等については、地域住民とのトラブルの事例もあります。

日本社会のルールには、外国人の母国とは異なる細かいルールが複数あるため、最初から対応しきれない外国人が多くみられます。

対応策

日本には異質な者には厳しく、同じ価値観を持った日本人だけで成立させたいという傾向性があるため、異文化を持つ外国人についてあまり好意的でない人もいるようです。

このような日本人のままの価値観では、外国人との地域コミュニティは育まれません。

日本社会のルールにそって対応してもらうための指導はもちろん必要ですが、時間をかけて辛抱強くサポートし続けることが必要です。

罰則

一般的にはゴミ出しルールには法律上の罰則はありませんが、悪質な不法投棄の場合は罰則が適用され、第16条違反:5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金または法人については1億円以下の罰金が科せられます。

まとめ
外国人労働者と共に働く環境には、法令に基づいた労働条件と周りの日本人社員と管理者、外国人が生活する地域住民との関係性が適正であることが必要です。

また、外国人とのトラブルを防ぐためにも、日本社会のルールについて外国人労働者に理解してもらえるような指導が必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。