外国人技能実習生入国再開はいつ?~コロナ禍の受け入れ状況

チョー

こんにちは、こちらの記事では海外人材の今について書いています。

是非、気になる方は一読お願いします!

新型コロナウィルスの影響下、2021年年末より新年明けも継続して新規外国人の入国停止となっています。

水際対策の強化による影響は、外国人と海外往来を必要とする日本人の移動を妨げ各関係者にも多大なる問題を投げかけています。

技能実習生受け入れを予定していた企業では、頼りにしてい人員が確保できないため、受注量を減らしたり、採用計画を見直すことに追われている現状です。

以下は、2022年1月末現在の水際対策についての情報です。
随時、更新されていますので変更内容の確認が必要です。


技能実習生の受け入れ停止中

2021年11月29日、日本政府発令の水際対策強化のための新たな措置が公表され、新たな出入国在留管理庁への申請手続きが停止されています。

入国に関しては「特段の事情」と同様の事情がない限り入国ができない状況です。

2021年11月に一部緩和されてきた技能実習生の受け入れ制限の見直しについては、同様に申請手続きと入国は停止しています。

2022年1月11日現在、日本政府は外国人入国停止を「2月末まで現在の骨格を維持する」と表明しています。
https://www.mhlw.go.jp/content/000858946.pdf
※厚生労働省:技能実習生が外国人の新規入国制限の見直しを利用して入国する場合に関するよくあるご質問について↑

ワクチン接種していても入国禁止

以下の内容が一時停止となっています。
〇外国人の新規入国制限の見直し
〇ワクチン接種証明書保持者に対する入国後の行動制限
2021年12月1日午前0時(日本時間)以降に帰国・再入国する場合、ワクチン接種証明保持者の特定行動を認めないとされています。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/cp/page22_003380.html
※外務省:国際的な人の往来再開に向けた段階的措置について↑12月28日更新内容

在留資格の申請、ビザ査証の発給の停止

法務省公表の内容より『全世界の国・地域からの新規入国を可能にする措置(対象となる在留資格及び査証申請に必要な書類等を含む)』が当分の間、一時停止となっています。日本政府公表の内容では、2月末までは外国人技能実習生受け入れに関する入国手続きの申請は受付停止となっています。また、留学生に対しては例外的に認める措置を検討しているとなっています。

外国人入国が再開した場合の注意点

今後、外国人入国制限が緩和され、技能実習生の受け入れ再開となった場合、出入国の移動において注意いしておきたい点について確認していきましょう。2022年1月現在の日本の水際対策は以下の通りとなっています。

日本入国時
・出国前72時間以内の検査証明書を検疫所に提出する必要があります。
・検査証明書の様式は日本政府が指定するフォーマットを使用する必要があります。この指定フォーマットに関しては過去に、日本政府の指定フォーマットではない検査証明書のために上陸拒否された事例があるため、定められたフォーマットを使用する方がスムーズに入国ができるようになります。
・検査方法も指定されている内容以外は無効となりますので要注意です。
・到着空港では厳格な措置が行われているため、検疫等の手続きに時間がかかります。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00248.html
※厚生労働省:検査証明書の提出について↑

空港での検査

・抗原定量検査を受けて陰性の場合入国することができます。抗原定量検査およそ15~30分で結果ができるため、速やかに判断が必要な場合(空港等)で使用さています。

待機場所について
・入国後14日間は自宅または施設等で待機が必要です。
・待機施設や自宅までの移動は公共交通機関は使用できません。
・過去14日以内に滞在していた国によって待機期間は指定されます。
・指定国・地域のリスクに応じて、3日、6日または10日間の待機となります。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00249.html
※厚生労働省:検疫所が確保する宿泊施設での待機・誓約書の提出について↑

待機中のルール

・他者と接触をしないこと。
・アプリによる位置情報と健康状況の報告を行うこと。
・マスクの着用。
・手洗いと消毒
・3密を避けること。

アプリによる行動確認

・入国時に専用アプリ『入国者健康居所確認アプリ・MySOS』をインストールする必要があります。
・待機期間中にアプリによる位置情報や健康状況が確認されます。
https://apps.apple.com/jp/app/mysos/id971663851
※入国者健康居所確認アプリ・MySOS↑

濃厚接触者の定義

・陽性者の座席と同じ列と前後2列に座っていた乗客。
・適切な感染防護(マスク着用など)なしに陽性者を診察し、看護や介護をした者。
・陽性者の気道分泌液もしくは体液などの汚染物に直接触れた可能性のある者
・手で触れることのできる距離(1 メートル)で、必要な感染予防策なしで陽性者 15 分以上の接触のあった者

まとめ

外国人入国停止によって、技能実習生や受け入れ企業の計画を一から見直さなければならない状況となっています。
今後、入国再開となった場合、外国人の入国手続きと空港入国時の注意点については再度確認の上、活動をすすめることが必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。